1. ホーム
  2. 自営業の住宅ローン講座
  3. ≫自営業の人が住宅ローンの審査の時に気をつけることとは?

自営業の人が住宅ローンの審査の時に気をつけることとは?

こんにちは!
ご覧いただきありがとうございます。

今回は住宅ローンの審査について自営業の方が気をつけることについて
解説していきたいと思います。

自営業の方は住宅ローンの審査が極めて通りにくいです。
それは、銀行などの金融機関が独自に判断する審査基準として
『信用』というものが欠けているからという理由です。

銀行で言う『信用』をいかに勝ちとり住宅ローンの審査を通過させるか

住宅ローンの審査には、
借りる金額も審査対象となりますが、
審査の際に記入する項目すべてを審査対象となっています。

ザックリ審査基準を上げると

・名前
・住所
・年齢
・勤務先
・転職経験
・家族構成
・その他の借り入れについて
・金融資産の内訳
・借りる金額
・借りる年数
・土地の価値

このあたりが主な審査基準となっています。

名前・住所で行くと、過去に逮捕履歴がないか?暴力団員ではないか?
家族にそういう方がいないか?

年齢では、完済までちゃんと住宅ローンを返せる年齢なのか?
60歳の方が住宅ローンを35年間で借りたいということになると、
完済時の年齢が95歳になります。
生きてる保証がないですし、いつまで働けるのか?年金でも返していけるのか?等

勤務先は、どういう会社に勤めているのか?その会社はどういう会社でつぶれる可能性はないか?
という会社についての情報を審査するのに加え、
あなたの年収だったり、仕事内容について審査します。
出来高報酬制なのか?固定給料なのか?によっても変わってきます。

転職経験については、
すぐ仕事を辞めてしまうタイプなのか?年収は転職することによって上がったのか?下がったのか
を審査します。

家族構成については、ざっと一カ月の生活費やこれから必要になってくる費用(子供の教育資金など)
をデータをもとに割り出し、今の年収、これからの年収で住宅ローンを返済していく余力があるのか?
という部分について審査します。

その他の借り入れについては、カードローンであったり、クルマのローンをしているのか?いくらの返済をしているのか?
カードローンがあると審査が通りにくくなる傾向にあります。

金融資産について、
今の預貯金がいくらあるのか?株などをもっているか?等になりますが、
例えば、今年の年収はすごい低いけれども預貯金として資産が1億円あって、
本当は住宅ローンを借りる必要はなく、現金で買ってもいいような人が申込みしてきているかもしれません。
こんな人であれば、銀行としても喜んで住宅ローンを借りてもらいたいはずです。
そのための審査材料として金融資産があります。

借りる金額・年数・買う不動産の価値というのは、
年齢としては借りても大丈夫な年齢か?金額はちゃんと返していけるのか?
不動産の価値はちゃんとあるか?金額に対して二束三文のような価値の土地ではないか?
という部分を審査します。

これらのすべてをトータルで審査して住宅ローンが契約できるのかできないのか
銀行が判断します。
特に重要なのは、勤務先です。
終身雇用が根付いた日本社会では、
ずっとその会社に居続けることが大前提ですので、
住宅ローンもそれを前提として評価します。
なので、住宅ローンというのは、本当にサラリーマン向けの商品だということがわかると思います。
勤務先なんていうのは、自営業の方は自分のところですし、
認知度としてもそんなに高くないはず
年収も固定ではなく歩合のようなものですから、
銀行としては、審査が厳しくなってしまうのも無理もありません。

どうすれば自営業の方でも審査が通りやすくなるのでしょうか?

独自に自分は住宅ローンを返せるということをアピール

サラリーマンの方は、単純に勤務先の会社名を書けばOKです。
例えば『トヨタ自動車』
日本一の自動車会社ですから、名前を見ただけで審査通過という判断ができます。

一方、あなたの会社は?
名前を見ただけで、銀行員はどんな会社なのか判断できるでしょうか?
おそらくできないケースが多いです。
だから、自分の会社はどんな会社なのか?どんなサービスを提供しているのか?
年商はどれくらいなのか?いつ開業したのか?
今後の展望などについて、銀行員についてアピールしてください。

用紙にまとめるのでもいいですし、担当の銀行員に口頭で伝えるのもOKです。
わかりやすく、審査がしやすくなるように自営業の方は努力してください。

会社の概要などは、伝えればOKです。
さらに財務データとしても提供すると尚良しです。

確定申告書を提出するのはもちろんですが、
白色申告の方であれば、
貸借対照表も自分で作成してみてください。
簡単なもので大丈夫です。
わからなければ銀行の担当者が一緒に手伝ってくれるはずです。

単純に、審査用紙に記入するだけでなく、
自分のことをプラスαでアピールすることで
審査が通りやすくなるということを
覚えておいてください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。