1. ホーム
  2. 自営業の住宅ローン講座
  3. ≫自営業で住宅ローンを借り換えたい・・・でも赤字申告の時のいい方法

自営業で住宅ローンを借り換えたい・・・でも赤字申告の時のいい方法

こんにちは。
読んでくださりありがとうございます。

せっかく読んでくださるので、
少しでも有益な情報を発信できるよう心掛けながら書いていきます。

今回のテーマは、
現在住宅ローンを契約していて、
最近金利が下がっているので、借り換えをするとメリットが出る。
でも赤字申告をしているので、
審査が通らないのではないか?

という悩みについてです。
せっかく住宅ローンを契約できたのに、高い金利ばかり支払いしていては、
意味がありません。
せっかく自営業で住宅ローンを契約できたのですから、
低金利のメリットも受けられると一番いいですよね!!

ということで!!
自営業の方でも低金利のメリットを受ける方法について解説していきます。

なにも住宅ローンは借り換えだけがすべてではない!

住宅ローンの金利を下げるのに、
A銀行からB銀行にかならず乗り換えしないといけない
ということは、ありません。

むしろこれは、諸費用などがかかって余分に支払う金額が多くなる上に、
審査が厳しいです。
住宅ローンを現在どこかの銀行で契約しているのであれば、

『ある武器』を手に相談に行くと、
低金利のメリットを諸費用無しで、
同じ銀行で金利を下げれる可能性があります。
審査も比較的簡単に・・・・

まずなんでこんなことができるのか?という理由から解説します。

世の中は住宅ローンの取り合い合戦

住宅ローンというのは、
銀行がここまで大きく成長してくることができた基盤です。
住宅ローンの金利が8%の時代では、
『借りれば倍にして返さないといけない』
と言われるほど、金利が高かったです。

安定した収入のあるサラリーマンの方に、
夢のマイホームという誘惑で
安定した金利収入を得る。
こんな美味しい商売はなかったのではないでしょうか?

一方現在では、
住宅ローンの金利が暴落してしまい、
控除も合わせればほぼタダ同然で借りることができる。
利益という旨味はなくなってしまいましたが、
安定したサラリーマンに貸すというリスクの少ない貸し出し
には変わりがありません。
そのため、どの銀行も力を入れて取り組みしており、
借り換え合戦が繰り広げられています。

この借り換え合戦で自分のお客さんを他の銀行に取られないように
考え出されたのが、
先ほどの金利を下げるという最終手段です。

『うちで住宅ローンの金利を下げるから他の銀行にはいかないでよ』
という苦肉の策を銀行では行っているから、

『ある武器』を手に相談に行くと、
低金利のメリットを諸費用無しで、
同じ銀行で金利を下げれる可能性があるんです。

このある武器とはなんなんでしょうか?
ちょっとずつわかってきた人もいるかもしれません

同じ銀行で金利を下げるための『ある武器』とは?

同じ銀行で住宅ローンの金利を下げるための『ある武器』というのは、
この住宅ローン取り合い合戦の苦肉の策を利用したものです。

銀行としては、今住宅ローンを借りてくれている人には
他の銀行へ行ってほしくない
だからそのような相談をしてきた人に対しては、
金利を下げることで踏みとどまってもらう
ことをしています。

この状況を自ら意図的に作りだすことで、住宅ローンの金利を下げてもらいましょう。
『ある武器』とは、住宅ローンを借り換えしようとしているという意思表示のことです。

単に意思表示するだけでは、金利はそんなに下げることができません。
銀行としては、なるべく高く借りていてほしいわけですから、
金利を下げるとしても0.1%でも高くしたいと思っています。

だから単に意思表示するだけでは、
1番安い金利まで下げることができない可能性が高いです。
なので、
・住宅ローンの借り換えを検討している
かつ
・金利が1番安いところに変えようとしている

という物的証拠が必要になってきます。
そこでこんなサイトをオススメしています。

1番安い金利の証拠が手に入る住宅ローンサイト

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。