1. ホーム
  2. フラット35の住宅ローンについて
  3. ≫自営業でフラット35は最終手段?1番オススメの住宅ローンの組み方

自営業でフラット35は最終手段?1番オススメの住宅ローンの組み方

こんにちは!
ご覧いただきありがとうございます!!
なるべく有益な情報を発信できたらと思っています。

さて今回はフラット35で住宅ローンを契約しようとしているアナタ!!!
本当にそれでいいんですか??
正直フラット35は金利が高いし、
死んだらその後住宅ローンを支払わなくてよくなる、団体信用生命保険も無料ではありません!

支払うことずくめの住宅ローンがフラット35です!!
そんなに良くないフラット35で契約する必要がどうしてもあるのか?
そこを確認したうえで、決めてほしいと思います。

フラット35のメリット・デメリット

フラット35のメリットとデメリットについて
ホントに知っていますか?

先ほどフラット35で住宅ローンを契約するのはよくない!と書きましたが、
メリットもあることにはあるんです。

フラット35のメリット
・たくさんのお金を借りることができる
→銀行で住宅ローンを契約しようとするのであれば、超VIPでない限り、
5000万円借りるのも難しいような状況にあります。
でもフラット35であれば、それなりの収入の元にはなりますが、
5000万円でも6000万円でも通りやすい傾向にあります。
なので、大きな家を建てたいんだ!!という人にはフラット35はオススメです。

・審査がゆるい
→フラット35は審査が通りやすいです。
大きな金額を借りることができると共に、低い年収の人でも住宅ローンを契約することが可能です。
なので、銀行で審査が通らなかった自営業の方はフラット35を使っている人も多くいます。

・金利が完済まで決まっている
→フラット35は固定金利です。
最初の10年間は〇%、そのあとの10年は▲%、残りは□%になりますよ~
と最初の契約の段階で決定しています。
なので、バブルの頃のような高金利の時代が来たときには、
そのありがたさをヒシヒシと感じることになるでしょう。
※今の低金利がずっと続けば、損することになりますが・・・・・

というような3つが主なフラット35のメリットになります。
では逆にデメリットは?というと、

・団体信用生命保険は別料金で支払う必要がある
→フラット35には団体信用生命保険が付いていません。
団体信用生命保険とは?
万が一住宅ローンの契約者が亡くなった場合、
その後の住宅ローン残高が0円になる(つまり返す必要がなくなる)保険が付いていません。

ということはその保険に加入したい場合、自分で別料金をさらに支払って加入する必要があります。
※通常銀行での住宅ローンは無料でついてくるものです。

無料で付いてくるものが付いてこないということは、その分支払う金額が多くなるということで、
デメリットの1つです。

・銀行よりも金利が高い
→フラット35はメリットで書いたように審査が通りやすく大きな金額も借りやすいです。
しかし、その分金利が高いというデメリットがあります。
だいたい普通の銀行住宅ローンより1.2倍~1.4倍多く返済する必要があります。

フラット35のデメリットは、この2つで
主にお金に関することでデメリットが大きいです。
なので、銀行で住宅ローンが契約できるのであれば、
それに越したことはないので、是非銀行の住宅ローン審査を手当たり次第に受けてみることをお勧めします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。