1. ホーム
  2. 自営業の住宅ローン講座
  3. ≫自営業でも住宅ローンの通りやすい銀行は?ある?ない?

自営業でも住宅ローンの通りやすい銀行は?ある?ない?

自営業で住宅ローンを契約したいと思っている皆さん。
思った以上にハードルが高いことにビックリしているかもしれません。

審査が通らない、
どこか審査が通りやすい銀行はないのか?
なんて考えていてたどり着いたのであれば、

ちょっとでも役立つアドバイスができればと思います。

住宅ローンの通りやすい銀行なんてない!

住宅ローンで審査が通りやすい銀行なんてのは基本的に存在しません。

ですが、
メガバンク(UFJ、みずほ、三井住友)
よりは
地方銀行

さらに信用金庫の方が
住宅ローンが通りやすいと言われています。

これは頭に入れておいてください。
なので自営業でメガバンクに相談に行くよりも、
信用金庫に行ってください。

ここで終わったらただのそこら辺の記事と同じになってしまいますので、
ここからは住宅ローンの裏側を書いていきたいと思います。

住宅ローンの審査には一般審査と特別審査がある!?

住宅ローンの審査はみんながみんな同じ審査方法ではありません。
同じ年収400万円のAさんとBさんでも

Aさんは審査に落ちてBさんは審査に通るなんてことがあります。
なぜでしょうか?

Aさんは〇×信用金庫に突然やってきた人
Bさんは〇×信用金庫と前から取引があって、
融資なども受けている人

こんな違いかもしれません。
Aさんの審査はAさんが書いた書類だけです。
だから審査に落ちてしまいました。

でもBさんは、
Bさんを担当している信用金庫の人が、
一生懸命にBさんがやっている商売の内容、
これからの状況、等
Bさんは住宅ローンを〇×信用金庫で契約しても
しっかり返済していける見込みがあること、だったり
その他〇×信用金庫の取引にプラスになりますよ~

という書類を別途で用意してくれました。
だから審査に通りました。

こんな風に金融機関の中の人が特別に頑張ってくれることによっても
審査の結果は変わってきます。

これが特別審査というものです。
特別な審査をしてもらうためには、
もともとその銀行と取引があれば一番いいのですが、
ないのであれば、
是非1度窓口の銀行員の人に聞いてみてください。
『何か住宅ローン以外で協力できることはないですか?』と

「ローンだけではなくて他にもあなたの営業活動に協力できますよ~」ということを
アピールすることで、特別審査になる可能性もあります。
是非一度聞いてみてください。

それでも住宅ローンの審査に通らない場合は

それでも住宅ローンの審査に通らない場合は、
家を買うことをあきらめるのではなく、
『フラット35』で審査をしてみてください。

なんだよ・・・・
金利の高いフラット35で契約するのは、イヤだよ
団体信用生命保険を別で加入しないといけないなんてイヤだよ

って思いますよね?
でもこれが

住宅ローンを契約した1年間だけ
だったらどうでしょう?
フラット35で支払う住宅ローンの金利も1年間だけ、
団体信用生命保険も1年間だけ

1年間フラット35で支払った後、
もう1度、銀行の住宅ローン審査をします。
『住宅ローンの乗り換え』と言われるものです。

新しく住宅ローンを契約するより、
現在住宅ローンを契約して乗り換える人の方が、
審査が通りやすくなる傾向があります。

理由は、1年間住宅ローンの返済がちゃんとできているから
という実績がその人にプラスされるからです。

なので、審査が通りやすいと言われるフラット35で住宅ローンを契約した後、
1年間ほどで見計らって、銀行の住宅ローンに再度審査をしてみる

面倒だと思うかもしれませんが、
審査が通らないのであれば
これが一番最良の契約方法です。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。